labia-minora小陰唇縮小術

  • HOME  > 
  • 小陰唇縮小術

labia minora

痛みもコンプレックスも、キレイに解消。
“第二の顔” も大切に。

施術概要

小陰唇について ~大人の女性が大切にしたい “第二の顔” ~

小陰唇について ~大人の女性が大切にしたい “第二の顔” ~

小陰唇(しょういんしん)とは、膣口を両側から保護するように覆うヒダ状の皮膚のこと。脱毛位置を示すVIOで言うと、I(アイ)ラインの内側にあり、クリトリスの付け根から膣口下へ羽を広げたような形で繋がっています。形や大きさには個人差があり、一人ひとり異なります。尿道口や膣口にばい菌などが入らないように守ってくれている小陰唇ですが、肥大化などにより擦れて痛みをともなうことがあり、形や色、臭いなどでお悩みの方も少なくありません。

顔のお手入れや脱毛のケアに気を遣っている方は多いかもしれません。しかし女性器となると……。 女性器の外見の印象を左右する小陰唇は、大人女性が大切なパートナーに見せる”第二の顔”とも言えるところ。お顔をケアするように、ケアできればいいなと思う方も少なくないのではないでしょうか。ましてや、痛みなどの症状がある場合には、なおさら大切にしてほしいと考えます。

『⼩陰唇縮⼩術』とは

「小陰唇に痛みを感じる」「見た目にコンプレックスがある」などの症状を改善するために、トラブルの原因になっている部分を切除し、形やラインを美しく整える手術です。手術の際に同時に、黒ずみやシワなどを取り除き、色調や印象を変えることも可能です。粘膜組織が多い部分ですので、術後の傷は産婦人科医が診察してもわからないくらい目立たなくなります。柔軟性が高く、デザインの繊細さが問われる部位とも言えますが、院長が、大手美容外科で培った豊富な経験と技術を活かして、ご希望の形に仕上げます。さらに、必要な組織と血流をしっかり残すことで、年齢を経ても健やかな女性器、長く愛される女性器の形成を目指します。

結婚・出産・更年期など女性のライフステージに寄り添う視点と
産婦人科経験に基づく確かな技術

小陰唇縮小術では、今後、妊娠や出産を期待する方にとって特に気を付けたいポイントがあります。それは、膣口の下のほうに小さな開口部を持つ、えんどう豆大の器官「バルトリン腺」を切ってしまわないこと。バルトリン腺は、性交時に潤滑油として働き、精子の動きをサポートする粘液を分泌するため、健やかな性生活や妊活にとって大切な器官。ですが、来院時にすでにバルトリン腺を切られている方もおられるのが現状です。ですから、手術を受ける前に、ぜひ知識としてその大切さを知っておいてほしいのです。
納得のいくデザイン性はもちろんのこと、今後のライフステージを考えて、機能を損なわない視点と技術を持つドクターを選んでいただきたいと願っています。

適応症と治療効果

あなたは我慢していませんか? 小陰唇に起こりがちなトラブル
小陰唇は、肥大したり、形がいびつになったりすることがあります。原因は、生まれつきであることもあれば、加齢や出産、感染症などさまざまです。また、摩擦の多い形状をしていると黒ずみがひどくなることもあります。敏感な部位ですので、タイトなパンツを着用したり、自転車に乗るといった日常の動作で痛みを感じることもあるかもしれません。見た目だけでなく、ばい菌・雑菌が溜まりやすい状態で放っておくと、臭いの原因となることも考えられます。
大切な人との性的なコミュニケーションの際、男性器の挿入時などに小陰唇のヒダが巻き込まれて痛みを感じたり、邪魔になって挿入ができない状況もあるようです。このような場合、相手のことを想って我慢してしまう方も多いようです。

こんな症状はありますか?

【小陰唇のトラブルによる症状の例】
  • 衣服で擦れた時や、自転車に乗った時に痛い
  • 男性器挿入の時に痛むことがある
  • はみ出して見えるなど、大きさが気になる
  • 左右の大きさや形が違うのが気になる
  • 黒ずみが気になる
  • 汚れが溜まりやすく、臭いが気になる
  • パートナーに指摘されたことがある(形や色、臭いなど)
  • 尿がかかり、不快な時がある

【小陰唇のトラブルによる症状の例】

期待される効果
  • >小陰唇の形状が、美しく自然な形に整う
  • >色調も質感もベビーピンクに改善し、好印象に
  • >ばい菌・雑菌の温床が減少し、臭いの改善効果が期待される
  • >薄く伸展してしまっていた小陰唇は、小さくなって張り感もアップ
  • >排尿時のトラブル(尿がべちゃべちゃと小陰唇につく嫌な感じ)が改善
  • >性交時の痛みの解消などにより、性的なコミュニケーションの質の改善が期待できる

治療のポイント

point 01 いきなりオペはNG。産婦人科的な視点での診察は必須なんです

小陰唇に関わるあらゆるお悩みに対応してきた経験から、適切なオペや処置を行うためには、最初に産婦人科的な視点からしっかりと診察することを必須と考えます。小陰唇のトラブル解決に際しては、最終的に外科的処置が必要になる場合が多いものの、来院していきなりオペ適応は、乱暴過ぎる気がします。
小陰唇が肥大している原因が感染症であれば、オペの前に治療が必要な場合もあります。このような場合には、まず治療をおすすめします。治療後に落ち着いてから、小陰唇のオペを考えられるといいでしょう。また、感染症の種類によっては、外科的処置が治療と同時に行える場合もあります。いずれのケースも、適切な判断を行うためには、しっかりとした産婦人科的アプローチが必須だと言えます。実際、異変を見つけることもあり、産婦人科の経験があることに、感謝をしてきたからです。
当クリニックでは、まず、院長が産婦人科学的観点から、小陰唇に対するお悩みと原因を診察後に治療をスタートいたします。

point 02 美麗なデザインを実現させるための、繊細な切除と縫合にこだわっています

手術は、デザインに従って専用のメスとハサミを駆使し、微妙な力の入れ具合や角度、方向や深さを調整しつつ行います。血管の位置や組織の切除後の形状をとらえ、美しさを立体的にイメージしながら切除することで、大幅に出血量を減らすことが可能です。レーザーによる凝固止血をほぼ行わずに済むので、重要血管や組織の凝固死滅を防ぐことができます。また、無理な力をかけずに切除面と創部がピタリと合うようにデザインしますので、表面を合わせても中が空洞になることがなく、中縫いはほとんど無用。髪の毛より繊細な溶ける糸を使用し、軽く縫い合わせて手術は終了です。
中縫いを行わないので、異物が小陰唇内に残ることがなく、しこりや感染のリスクを下げることができます。また、ボコボコ感も出ず、3D的なデザイン性も保たれます。
薄く伸展しているタイプの小陰唇で中縫いをすると、しこりによる粒々感が出やすくなってしまいます。いくら溶ける糸を使用しても、中縫いをすると生体反応によりしこりができてしまうことも多々あります。なるべく異物を中に残さないこと、これも後々まで美しさを保つために、大事なことだと考えています。

point 03 見た目はもちろん、機能を温存した立体的な形成で、術後ライフにも配慮します

小陰唇縮小術において、見た目の印象を決定づける要素は、傷口のきれいさと、立体的な仕上がり具合です。小陰唇の組織は、お産などで裂けたり、断裂した場合でもきれいに修復する能力を持っています。造成・修復能力が高い部位ですので、術後の傷口もきれいに治癒していきます。立体的で美しい仕上がりは、血流や重要な組織、コラーゲンなどの機能をなるべく活きた状態で、立体的な仕上がりを意識しながら形成できるかどうかにかかっています。当クリニックでは、繊細なカットと縫合により、自然な立体感が出るように仕上げるのは当たり前のこと。さらに、術後のダメージを極力なくし、機能を損なわずに見た目の満足感や好印象を引き出せるようオペを行っています。
機能を温存することは、結婚・出産・更年期など、術後のライフステージにも影響します。産婦人科の経験と知識があるからこそ配慮したい、女性器の将来を見据えた視点を持つドクターが担当いたします。

point 04 女性器が本来持つ健やかさを引き出す、術後のケアや治療を行います

女性器は第二の顔であり、顔同様に老化していきます。不要なメスを入れたり、レーザーを不必要に使用すると、本来ある豊富な血流を遮断したり、必要な組織やコラーゲンなどを焼灼してしまいます。必要な機能を損なう処置をしてしまうと、一時的に見た目にご満足いただけたとしても、老化スピードが早まるため、手術をした意味がなくなってしまいます。
当クリニックでは、血流やコラーゲンをはじめとした必要な組織をできるだけ温存することで、術後の組織の回復を促します。また、術後の女性器の将来的な劣化や、老化への影響も視野に入れて治療を進めたいと考えています。
さらに、術後には、加齢にともなう適切なケアや治療を併せて行うことで「愛され続ける女性器」を目指しています。

point 05 女性医師(増田院長)が診察から術後のフォローまで丁寧に対応いたします

当クリニックでは、まず、院長が患者様のお悩みやご希望をしっかりお聞きし、産婦人科学的観点から小陰唇のトラブル症状に対する原因を診察いたします。
次に、診察内容に基づき、産婦人科と美容外科の両スキルをフルに活かした、最良の解決法をご提案。ご提案に納得いただいてから治療を開始いたします。
手術は、専用のメスとハサミを駆使し、ご希望に沿った仕上がりを実現します。美容外科で培った技術と経験により、繊細な切除と縫合で、機能を温存しつつ立体的に美しく形成することが可能です。
術後には、きれいに生まれ変わった女性器のケアおよびエイジングケア治療として、顔とは異なる産婦人科的処置も必要です。女性器がいつまでも美しく保てるように、産婦人科の知識をフル活用し、術後のフォローまで院長が丁寧に対応いたします。

産婦人科と美容外科の技術を駆使して、「愛され続ける女性器」へ

日本の産科医療の救命率は、99%と圧倒的な高さを誇っており、私が産婦人科の現場で得た知識と技術は、世界的にもトップクラスと自負しております。また、長年、大手美容外科で培った技術と経験は、患者様に信頼しリピートしていただける現在の状況を支える基盤となっていることを感じています。

女性器の解剖と機能を熟知し、安心安全をベースとした最高の技術で、大人の女性が大切にしたい ”第二の顔“ 小陰唇を、美しく形成いたします。特に施術に際しては、機能の温存に配慮し、加齢による変化を含め、術後のライフステージを意識した視点を大切にしています。パートナーを魅了し、自分自身も好きになれる「愛され続ける女性器」の形成を目指して、診察から術後のフォローまで丁寧に対応して参ります。

小陰唇のトラブルは、相談が難しいデリケートなお悩みですが、デリケートゾーンの中でも多くの方が悩まれている症状です。一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。適切な治療で症状は改善できます。痛みもコンプレックスも、キレイに解消させましょう。

施術の流れ

01ドクター診察、カウンセリング
施術前には、産婦人科と美容外科、両面の実績を積み重ねてきた院長自身が入念にカウンセリングを行います。患者様それぞれのお悩み・症状をしっかりと確認し、最良の治療内容を決定します。
02血液検査
治療が確定したら、施術前に血液検査を受けていただきます。これは、患者様が施術可能な体調であるかどうかをチェックし、施術に向けて体調管理を行っていくためのものです。 通常、検査結果の提示まで数日程度かかりますので、結果を確認のうえで、施術日を調整します。
※症状や施術内容、ご希望によっては、診察当日に施術を行うケースもあります。
03撮影
施術における患部の経過を確認するための撮影を行います。院長自身、または女性スタッフが行いますのでご安心ください。
04消毒・麻酔
施術当日、体調を確認し、問題がなければ施術衣に着替えていただき、治療を開始します。不安や緊張を強く感じられる患者様には、安心して施術が受けられるよう「リラックス麻酔(静脈麻酔)」を行うことも可能です。
05施術
麻酔の効果が確認できた段階から、施術を開始します。所要時間は症状や施術内容によって異なりますが、だいたい1時間程度で終了します。
06終了
施術が終わりましたら、リカバリールームで麻酔が覚めるまでお休みいただきます。お帰りまで看護師が付き添い、術後の注意事項などを説明します。体調に問題がないかなどを院長が確認した後、着替えをしてお帰りいただけます。
※施術後数日間は、微量の出血がみられることがありますので、ナプキン、ガーゼ等をあててお過ごしください。

【施術前の注意事項】
妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術後の注意事項】
施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの塗り薬と保護テープをお出ししますので、必ず使用してください。

価格表

小陰唇縮小術 費用(税込)
片側モニター 76,780円
両側モニター 217,800円
通常価格 327,800円

モニターの適応・条件につきましては、クリニックまでお問い合わせください。
モニター希望であっても、適応とならない場合がございます。ご承知おきください。
※別途、麻酔費がかかります(費用はこちら
※別途、血液検査代「11,000円」がかかります
※既往歴によっては、そのほか検査が必要となり別途費用がかかる場合がございます
※手術は基本的には当日行っておりません。当日手術希望される場合はクリニックにご連絡下さい。

i
トップに戻るトップに戻る