婦人科形成

銀座あゆみクリニック 婦人科・女性器形成専門

オーダーメイド パーフェクト膣縮小術(切開法)

膣のゆるみ改善から「愛され続ける女性器」の形成まで。
産婦人科の技術で叶える感動の仕上がり。

施術概要

膣について
~大人女性が知っておきたい膣のこと ~

膣とは、膣口から子宮口につながる長さ6〜8cmほどの筒状の器官です。内側は弾力のある粘膜で覆われて常に潤っており、性交時には男性器を受け入れ、出産時には赤ちゃんの通り道になります。骨盤の中では、膀胱と直腸に挟まれた位置に存在し、骨盤底筋群と呼ばれる複数の筋肉に囲まれています。

さまざまな原因で発生する「ゆるみ」に悩む人は多い

若いときの膣は、粘膜に多く含まれているコラーゲンが弾力や潤いを保っています。加齢で女性ホルモンが低下すると、コラーゲンが減少し、膣は弾力や潤いを失って硬く薄くなってしまいます。また、膣は、骨盤底筋群という何種類もの筋肉で囲まれています。加齢や出産、運動不足によって筋力が低下することで、膣や尿道を引き締める力が弱まり、膣のゆるみや尿漏れの原因となります。 一口に膣のゆるみと言っても、人によって原因はさまざま。加齢や出産、運動不足によるゆるみもあれば、生まれつきである場合もあり、多くの人が悩む症状です。そのため、改善には、一人ひとりの原因やお悩みに合わせたオーダーメイドの施術が効果的と考えます。

当院では、膣のお悩みと長年向き合い、解決に導いてきた産婦人科出身の女性医師が、経験や技術を駆使し、最適な仕上がりをご提供いたします。

『膣縮小術(切開法)』とは

ゆるんだ膣の粘膜や筋肉を切り取って縫い縮めることで、引き締まった弾力のある膣を形成する治療です。膣トレーニングなどで改善できなかったゆるみの症状も、しっかりと引き締めることができます。さらに、ご希望があれば、魅力的な「名器形成」も叶います。 まずは自身の症状を知り、適切な診断を受けることが大切です。
特に、診断をする医師に産婦人科の経験や技術があるかどうかは、安全性や満足度を重視する方にとって、とても大切な治療のポイントになります。

当院の膣縮小術について
〜産婦人科出身の女性医師による診察〜

1.膣のゆるみの原因を診察

問診・内診・直腸診・エコーなどで、子宮内外に異常がないかどうかをチェック!
産婦人科出身の経験をフルに生かした診察を行います。子宮奇形や感染症、子宮頸がんが見つかることもありました。
子宮内外に異常などがある場合は、適切な治療や対応の方法をご提示します。

2.現状のご説明と治療のご提案

まず、現状をしっかりとご説明し、把握していただきます。
ご希望などもうかがったうえで、患者様お一人おひとりに合った、最適な治療や手術についてご提案いたします。

3.女性器の治療が可能なら、治療や手術へ

例えば産後の方なら……

出産時のダメージの診察を行い、状況を説明。膣内は、赤ちゃんががんばって出てくるときに大きく伸び広がるため、「断裂がある」「伸びて広がったままになっている」などのダメージが多く残っています。このような現状を説明し、最適な治療についてご提案する流れです。産後でなくても、膣内のゆるみ・たるみの原因は人それぞれなので、産婦人科の視点での適切な診察とオーダーメイドによる治療が必要になります。

施術のポイント

point01

大きさと厚み・弾力の改善+膣壁の名器化。

point02

膣の奥側の手術を産婦人科の技術で可能に。

1.大きさと厚み・弾力の改善+膣壁を名器化します。

断裂したり、伸展したままになっている産後の傷を修復しながら、老化によりたるんだ膣全体を縮小します。膣の粘膜を十分残すことで、弾力と厚みを取り戻すことができます。膣が縮小し、引き締まることで、隣り合う膀胱や直腸への圧迫が解除されるので、物理的な刺激が原因で起こっていた頻尿や便秘も改善する可能性があります。

2. 膣の奥側の手術も産婦人科の技術で可能に

産婦人科には、「指先の感覚で膣奥まで縫合できる」特有の手術方法が存在します。
指で創部(傷)を診て、指の周囲に断裂部位を巻きつけるようにし、奥の奥からほぼ確実に各層を合わせつつ修復、形成する技術です。針の進め方や糸の種類は適宜変えます。

この方法は、お産時に膣内が大量出血した際、目で見られない部位を適切に迅速に縫合し、命を救うことができる産婦人科直伝の技術と言えます。また、膣縮小術には、女性器専用の鉗子やクスコなど、産婦人科特有の機材を使いこなす技術や経験、コツも必要です。

産婦人科特有の技術を駆使してより安全に膣本来の姿へ改善。さらにリジュビネーション(若返り)治療もスムーズに展開できるよう手術を行っています。

適応症と治療効果

こんな症状はありますか?

【膣のゆるみによる症状の例】

  • お風呂に入ると、膣にお湯が入る
  • 男性器挿入のときに痛むことがある
  • くしゃみをした瞬間に、尿が漏れる
  • 性交時に空気が入るため変な音がする
  • パートナーが満足を得られていないと感じる
  • 自分の感度が悪くなったと感じる
  • パートナーにゆるみを指摘された

このような症状がある場合には、膣がゆるんでいる可能性があります。相談が難しいデリケートな問題ですが、一人で悩まずにお気軽にご相談ください。膣縮小の施術で解決できますし、診察を受けて診断や解決策を聞くだけでも、心が軽くなるのではないでしょうか。

期待される効果

  • 膣の引き締まり・弾力の改善ができる
  • 周辺臓器の機能改善(尿漏れや便秘の改善など)が期待できる
  • 下垂した膣や骨盤底筋群の改善にも期待できる
  • 性交時の感度アップができる
  • オプションで「魅惑的な女性器へ」と名器形成ができる

治療のポイント

point01

1. 産婦人科医の経験が生きる、専門性の高い診察。

point02

2. 開腹手術と分娩のエキスパートによる、安全を基盤にした希望の実現。

point03

3. 膣内各部位の役割と変化を熟知した院長が叶える、愛される名器の形成。

1.産婦人科医の経験が生きる、専門性の高い診察を行います。

膣のゆるみは、生まれつきゆるい場合や、出産や加齢が原因で出る場合があります。なぜ、膣にゆるみが発生し、症状が起きているのかといった個々の原因を、産婦人科の目で診察できることは、実はとても大切なことです。

たとえば、産後のゆるみであれば、お産時の状況を入念にヒアリングし、内診・経腟エコー検査・触診などをしっかり行います。出産時にどこがどのように傷つき、どうやって治したらいいのかを明確化し、ご説明します。そのうえで、患者様のご希望に沿いながら、それぞれの状況に最適なオーダーメイド手術を行っています。

2.開腹手術と分娩のエキスパートだから、安全を基盤に希望の実現が叶います。

女性器の周りには、直腸・肛門、膀胱・尿管などの重要臓器がひしめくように存在しています。そのため、膣の手術をする際には、これらの臓器を立体的に把握できる知識が必須となります。

産科・婦人科で数多く開腹手術の経験を積んだ増田院長は、臓器に密接する女性器の位置関係や血管の走行状況を把握し、緊急性のある出血対応にも習熟しています。解剖学や生理学、機能面など、総合的な知識と技術、経験を駆使した診察や手術には定評があります。安全を大前提に、ご希望に沿う女性器形成をご提案し、高いクオリティーの手術を行うことで、名器の形成など希望の実現をサポートしています。

3.膣内各部位の役割と変化を熟知。美容外科で磨いたセンスで、自分をもっと好きになる「愛され続ける女性器」の形成へ。

膣縮小術では、膣の大切な組織を切除しないことを心がけています。膣はそもそも、上部1/3(中胚葉由来)と下部2/3(外肺葉由来)で、それぞれ発生学的に由来が違います。解剖学的にも、膣の中は各部位が役割をもって存在しています。

ですから、縫い縮める粘膜や筋肉組織の範囲に配慮し、膣周辺の臓器への影響を考慮することがとても大切です。 膣内各部位の役割や変化を熟知しているからこそ、膣縮小術で粘膜や筋層を縫い縮める際、男性器の敏感な部位を刺激しやすいように形成することが可能です。

パートナーを魅了する「魅惑的な女性器」の形成というだけでなく、自分自身をもっと好きになれる「愛され続ける女性器」を目指して手術を行っています。 どのようなご希望がありますか? カウンセリング時に、お気軽にご相談ください。

院長メッセージ

女性が、長い人生を輝いて生きられるようにと願い、
産婦人科・美容外科の経験・技術を駆使して、悩める女性を笑顔にします。

救命率99%と圧倒的な高さを誇り、世界一優秀と言われている日本の産婦人科。
その現場で得た知識と技術は、世界的にもトップクラスと自負しております。また、美容医療で、あらゆる状況から良い結果に導いてきた実績が、長くリピートしていただける信頼関係につながっていると感じています。

膣縮小術では、産婦人科の技術を駆使して膣の最奥から縮小可能です。さらに、美容外科の技術とセンスで、多くの女性が抱える女性器のお悩みを全力で解決に導きます。
安心安全な治療をベースとした最高の技術により、パートナーを魅了し、自分自身も好きになれる「愛され続ける女性器」を形成してまいります。

人生100年時代と言われる現在。大人の女性たちが長い人生を毎日輝いて生きられるように、女性特有のお悩みに寄り添い、解決し、笑顔にすることを私の使命と考えております。

施術の流れ

1. ドクター診察、カウンセリング

施術前には、産婦人科と美容外科、両面の実績を積み重ねてきた院長自身が入念にカウンセリングを行います。患者様それぞれのお悩み・症状をしっかりと確認し、膣の状態を診察したうえで、最良の治療内容を決定します。

施術の流れ 1

2. 血液検査

治療が確定したら、施術前に血液検査を受けていただきます。これは、患者様が施術可能な体調であるかどうかをチェックし、施術に向けて体調管理を行っていくためのものです。 通常、検査結果の提示まで数日程度かかりますので、結果を確認のうえで、施術日を調整します。
※症状や施術内容、ご希望によっては、診察当日に施術を行うケースもあります。

施術の流れ 2

3. 撮影

施術における患部の経過を確認するための撮影を行います。院長自身、または女性スタッフが行いますのでご安心ください。

施術の流れ 3

4. 消毒・麻酔

施術当日、体調を確認し、問題がなければ施術衣に着替えていただき、治療を開始します。不安や緊張を強く感じられる患者様には、安心して施術が受けられるよう「リラックス麻酔(静脈麻酔)」を行うことも可能です。

施術の流れ 4

5. 施術

麻酔の効果が確認できた段階から、施術を開始します。所要時間は症状や施術内容によって異なりますが、だいたい1時間程度で終了します。

施術の流れ 5

6. 終了

施術が終わりましたら、リカバリールームで麻酔が覚めるまでお休みいただきます。お帰りまで看護師が付き添い、術後の注意事項などを説明します。体調に問題がないかなどを院長が確認した後、着替えをしてお帰りいただけます。
※施術後数日間は、微量の出血がみられることがありますので、ナプキン、ガーゼ等をあててお過ごしください。

施術の流れ 6

【施術前の注意事項】
妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

【施術後の注意事項】
施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの塗り薬と保護テープをお出ししますので、必ず使用してください。

価格表

※全て税抜き価格です。

膣縮小術(切開法)(※2)

モニター※1

398,000 円

1回(通常)

598,000 円

※1

  • モニターの適応・条件につきましては、クリニックまでお問い合わせください。

※2

  • 別途、麻酔費がかかります。
  • 別途、血液検査代「10,000円」がかかります。
  • 既往歴によっては、そのほか検査が必要となり別途費用がかかる場合がございます。

施術はすべて女性医師が担当
患者様に寄り添う治療をこころがけています

お電話でのご予約を受け付けております。
カウンセリングは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

0335352020 受付時間 11:00~21:00

Page Topへ